縁結び神社への参拝のマナーに関する基礎知識

常に平常心、そして感謝の気持ちでいれば良縁を授けてくれる

全国各地に有名な縁結び神社がありますが、とくに恋愛・結婚の良縁を結ぶ神様と言われていますね。その多くが子宝にも恵まれるというご利益もあります。

しかし、一言で縁結びといっても実に深い意味があり、市溶媒繁盛や事業に関わる良い縁を結ぶ神様もいます。

恋愛成就や結婚に関する縁結び神社は、とくに若い女性に人気が高いようです。全国的に有名な縁結び神社には箱根神社や東京大神宮、川越氷川神社などがありますが、週末だけではなく平日も多くの参拝客でにぎわいます。

中にはほとんど名前も知られていないような穴場的な縁結び神社もあり、参拝客が少ない分、パワースポットの中で静かに時を過ごして、良いエネルギーを授かり、良縁に結びつけたいものです。

縁結び神社への参拝のマナーとして、常に平常心で穏やかな心を持ち、境内に一歩足を踏み入れたら、ご鎮座する神様への感謝の気持ちを伝えることです。最初から願いごとばかりしていて、自分の都合ばかりを考えているようではいけません。

境内に入ったら、すぐに手水舎に行って、左手・右手の順に手を清めた後は口を清めて、本殿へと向かって参拝しましょう。神社によっては、独自の参拝の仕方やマナーが決まっているところもあるようです。



全国各地の有名な縁結び神社について詳しく知りたい方はコチラ