不妊治療は、夫婦の温度差が夫婦のストレス

不妊治療は、夫婦の温度差が夫婦のストレス

不妊治療歴4年、私が40歳、夫は31歳、タイミング1年、転院して体外受精3年です。

タイミング治療で結果が出ないと、体外受精を勧められましたが、当時28歳だった夫は頑なに拒否していました。悲しかったですが、それも理解できました。

 

28歳では周りで不妊治療をしているカップルも居らず知識がないでしょうし、採精やクリニックに行くのは恥ずかしいでしょう。

私が初めて産婦人科を受診する時の気持ちと、似ているのでしょうか。

 

それからタイミングで妊娠しましたが、流産してしまいました。

その後、夫が体外受精を決意しました。ビックリしたのと感謝しています。

 

不妊の2組に1組は男性側に原因があり、夫婦ともに検査を受けるのが原則と言えます。

私たちはあらゆる検査をしましたが、夫婦ともに異常は見つかりませんでした。

検査の結果、私が犯人だったらどうしよう…夫が原因だったら…イヤ!それより私が犯人の方がマシだな、などいろいろ考えました。

「夫婦共異常なし」の結果を聞き、一瞬ホッとしたのですが、すぐに、…ではナゼ?打つ手がない?体外受精で数打つしかないのか…と落胆しました。

 

採精についてですが、予約制で自宅で採精して、妻が体温で温めながら持参します。

クリニックにも採精用の個室があります。

3~5日間の禁欲後、採精し専用容器に入れ、2~4時間以内にクリニックに持参します。

 

不妊治療を始めた時に、夫に飲酒・喫煙はよくない事は話しましたが、辞められません。

私のできる事は夫の食事のコントロールだけです。>精子は製造から射精まで70日掛るそうです。

精子にいい食品は亜鉛を多く含むものです。

ごま・アーモンド・りんご・玄米・海藻・小魚・卵黄・レバー・牡蠣・山芋・ウナギ・オクラ・チーズ・ニンニク・まぐろ などなどです。

 

今まで14回の体外受精をしていますが、精子が良くなかったと言われた事が2回だけありました。夫の精子の数値は 精子数900万~5400万個 運動率26%~77% 精液量2~4 と結果はさまざまでした。

妊娠に最低限必要とされている数値は、精子数3.900万個以上、運動率32% 精液量1.5ml と言われています。

ですが、私たち夫婦は過去に 精子数900万個、運動率26%で5日目胚盤胞になり移植できた事があります。

 

クリニックがつける受精卵のグレードが、30代も多く通う有名クリニックの、全体の5%しかつかないA判定の受精卵になりました。

卵子の生命力が重要で、精子の基準値はあまり気にしなくてもいいのでは、と私は思っています。

 

不妊治療中は一喜一憂の毎日です。医師にもどうなるか分かりません。

買わなきゃ当たらない、宝くじのようなものだと思います。