あなたも男性不妊予備軍かも

あなたも男性不妊予備軍かも

昨今、ようやく「男性不妊」が世の中に浸透してきましたが、まだまだ自分から遠いことのように感じていませんか?

 

私の主人がそうでした。結婚後一年経っても子宝に恵まれないので、病院行こうという話になりました。

タイミング法でできるかもね!なんて軽く考えていましたが、タイミング法では出来ず。

私は色々検査をしましたが、異常はないので主人の精液検査をすることになりました。

 

結果、「運動率、濃度ともに基準値以下」でした。主人もショックを受け、何と声をかけるべきか悩みました。

病名は「精子欠乏症」。いるけど、数が少なかったり動いていない状態のことです。

男性不妊に対しては、劇的に改善する方法がありません。内服薬による改善が一般的ですが、効果が見られる所見は全体の2割程度と医師から言われました。

それでも、主人には補中益気湯という漢方、エルカルニチンとユベラのビタミン2種類、亜鉛のサプリメントを飲んでもらいました。

コエンザイムQ10のサプリメントも後に追加で飲んでもらいました。

全て精子の質を高める物です。

 

また、亜鉛の豊富な牡蠣や山芋は調理法を変えながら食べさせました。

牡蠣は加熱した法が、亜鉛の吸収が良くなるので鍋にしたりしました。

 

そして、定期的な射精(3日に1回程度)も頑張ってもらっています。

射精をしないと、精子の運動率が悪化し質も下がります。常に新鮮な状態を保つことが大切です。

 

しかし最も重要なのは、しっかり体を休めることです。仕事や付き合いで夜遅くの帰宅も多かったので、帰れる時は早く帰り飲み会などは極力12時までに切り上げるようお願いしました。

 

精子の質を高めるためには、まずはしっかり体を休めストレスを溜めない体や心を作ることです。

そして男性不妊が他人事だと思わず、自分の体と積極的に向き合って下さい。

 

精液検査を嫌がらないで下さい。女性はもっと大変な検査をしています。男性の妊活、もっともっと一般的になっていって欲しいです。